手のアイコンの大きさを検証

ICE-MAN for iPhoneのメモ

操作デモに使う手のアイコンを、どの位の大きさにしたら良いか見当がつかないので、シミュレータで実際に各大きさのスプライトを表示してみた。

↓動画をキャプチャ

他のキャラクタは、3倍に拡大して表示しており、統一性とデモで使うに当たっての大きさを考えると、こちらも同じ倍率の3倍でいこうと思う。

実際に確認は、シミュレータでも良いが、外観的ならグラフィックソフトでも事足りると気付く。

ちょっと前進出来た。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください