【4】いっしょにまなぼう!

Breakout #4 - Sound Effects - Pico-8 Hero PICO-8
Breakout #4 - Sound Effects - Pico-8 Hero

TeamworkCastが配信している、PICO-8のチュートリアル動画の解説を連載中です。

前回はこちら

そして今回の動画はこちらになります。

Breakout #4 – Sound Effects – Pico-8 Hero

Breakout #4 – Sound Effects – Pico-8 Hero
Breakout #4 – Sound Effects – Pico-8 Hero

解説メモ

D(デルタ)の意味は、時間の経過とともに変化する量の事。

CIRCFILL(X, Y, 半径, 色)で、塗りつぶしの円を描画。

–を付けることで、それ以後の命令は無効になる(コメントなどにも使う)。

複数のIF文をまとめて、条件にORを付ける。

トークンカウント(命令などの単位)の最大値は8192で、少ないコードを心がける。

ボール移動の他にボールの大きさを変えてみる。

開発とは、実際には数値を微調整して、それが正しいと思うようにすること。

サウンドエディタの主な使い方の説明とSFX命令。

RECTFILL命令で、長方形(塗りつぶし)の描画。

グラフィックで図を描いたり、音を作って鳴らしてみたり、少しずついろいろなことが出来るようになり、面白くなってきた感じですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました