外出自粛要請中の過ごし方

新型コロナウイルス(COVID-19)における自粛生活の中で、ストレスをどうコントロールするかが、課題となっています。

先日、思いの外 効果があった体験について書きたいと思います。

現在、ニンテンドーSwitchの「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」で主人公リンクを操作し、野山を走り回ることで疑似体験をしたりしています。

しかし、流石にゼルダの伝説ばかりも やれませんし、室内での運動も限度があります。

そんな中、ファンタジーコンソール「PICO-8」で、簡単ななデモを作ってSNSなどで発表しました。

「アマビエ」って知っていますか?

このウイルスの件で多くの人に知れ渡った、疫病を収めたとされる、伝説の妖怪の名前です。

その妖怪は昔、疫病が流行っていた時に現れて、「自分の姿を描いた絵を人々に見せよ」と伝え疫病を収めたそうです。

何かを持て余している自分に「アマビエ伝説」、「PICO-8」が合わさり、「アマビエのデモを作ろう!」となりました。

で、作ったものがこれ↓

アマビエデモ

単色で描いた「アマビエ」を円運動させるだけのデモです(アマビエの絵は16×16ピクセル)。

↓これが、PICO-8のカートリッジ(PICO-8で読み込めば、実行できます)。

アマビエデモのカートリッジ

↓こちらが、スプライトシート(128×128ピクセル)

アマビエデモのスプライトシート

まだなれない私は、このデモを完成するまでに数時間を費やしましたが、その間は夢中になり時間を忘れていました。

集中していたことでストレスを感じる事は一切なく、完成したときには、達成感やカタルシスを得ることが出来ました。

久しぶりに、清々しい気持ちになれたことに、自分にとってはプログラミング(特にゲームやデモをつくる)が良いセラピー効果があるのだと、発見できたことは大きな収穫になりました。

皆さんも、プログラミングなど、集中して何かを作り上げることを されては如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

祝、0.2.0!!

次の記事

生まれ変わって帰ってきた