サンプルゲームを打ち込んで遊ぶ

前回紹介した、日経ソフトウエア 2019年 7 月号に載っていた、PICO-8用サンプルプログラム「JUMP GAME」を打ち込んでみました。

日経ソフトウエアのPICO-8用サンプルゲーム
日経ソフトウエアのPICO-8用サンプルゲーム

行数は約120行、FM-7ユーザー時代はマイコンBASICマガジン掲載のプログラムリストを打ち込んだものです。

「あれ、どこまで打ち込んだろう?」

「ああっ、違う行を途中から打ち込んでいる!」

当時の記憶が色々蘇りましたね。

そして、実行のRUN・・・やはりエラーが出ますよね。

ほとんどが 打ち込みミスです、それを修正して実行。

PICO-8用サンプルゲーム実行
PICO-8用サンプルゲーム実行

無事、実行し遊ぶことが出来ました。

PICO-8Pyxelは、こういうちょっとしたゲームやデモをつくるのには最適ですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください