向きを変えられた

PICO-8でスネークゲームをつくっています。

前回、カミツキガエルの向きが変わらない不具合がありましたが、スプライトパターンの変更が行われていなかったのが原因でした。

方向の要素である変数が変更されても、描画する関数でスプライト番号が変更していなければ、描画される絵は変わりません。

コードを書き換えて向き毎にパターンを変更して表示することができました。

次に、一定距離以内で移動するようにコードを書き、実行してみたところ、途中で「方向を記録する変数にnilが入っている」とエラーが出ました。

どうしてかわからず、時間切れとなりました。

今回の動画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください