【6】いっしょにまなぼう!

Breakout #6 - Collision - Pico-8 Hero PICO-8
Breakout #6 - Collision - Pico-8 Hero

TeamworkCastが配信している、PICO-8のチュートリアル動画の解説を連載中です。

前回はこちら

そして今回の動画はこちらになります。

Breakout #6 – Collision – Pico-8 Hero
Breakout #6 – Collision – Pico-8 Hero

【解説メモ】

衝突判定は、ゲーム中で色々使われる

関数の戻り値はRETURN文で返す

引数は関数名の後ろのカッコの中に記述

ボールが当たってないの反対は、当たっている

ボールの中心から半径を足したり引いたりして端の座標を得る
それが、パドルの外側にあれば、当たっていないのでFALSEを返す
そうでなければTRUEを返す関数を作り、パドルの色を変えることで衝突チェックを確認する

【自分の感想】

衝突判定は、自分でもやっていたから理解できた

振り返ると、ゲームでは至る所に衝突判定は存在している

ハドル操作に加えて、パドルとボールの当たり判定が出来ると、ゲームらしくなってきた

コメント

タイトルとURLをコピーしました