6502は永遠に

8ビットCPU(MPU)のMOS6502を設計された、Chuck Peddle(チャック ペドル)さんが、12月15日に膵臓がんで亡くなられたそうです(享年82歳)。

Chuck Peddle
Chuck Peddle

6502といえば、Apple2やC64に搭載されたCPU(MPU)として海外では、スタンダードのチップですね。

日本では、互換チップがファミコンに使われていましたね。

アセンブリ言語でプログラミングをする事は、現在は(組み込み以外は)趣味として行う事になってしまいました。

私としては、趣味としてのアセンブリ言語プログラミングなら、構造がシンプルな6502はオススメだと思います。

最近では、C64のフルサイズのレプリカ「THEC64」も発売されて、6502はエミュレートされてまだまだ人気です。

私も6502のアセンブリ言語で、C64やファミコンのプログラムを作ってみたいと、今も思っています。

設計されたチャックさんは亡くなったけれど、その作品は、これからもずっと生き続けるでしょう。

Chuck Peddleさん、素敵な作品をありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

ゲームフォントの本

次の記事

2020年は