ゲームフォントの本

ゲームで使われる、ピクセルフォントの本の日本語版が出たので、注文しました。

アーケードゲーム・タイポグラフィ ビットマップ書体の世界
アーケードゲーム・タイポグラフィ ビットマップ書体の世界

「アーケードゲーム・タイポグラフィ ビットマップ書体の世界」

ゲームのフォントとなると、メインはキャラクタのグラフィックとなるので、脇役にはなってしまいますが、世界観に一役買っている事は、間違いありません。

昔のアーケードゲームのネームエントリーで、A〜Z、0〜9、記号などが一覧表示されて、それを見るだけでワクワクしました。

また、ゲームフォントを真似て、グラフィックソフトで自らフォントを描いたりもしました。

大体、昔のフォントは8x8ピクセルで構成されているので、描くのも そんなに大変ではなかったですね。

現在のゲームは、幾多のフォントが発表されていますので、そのゲームの雰囲気に合うフォントを使うといったところでしょうか。

「たかがフォント、されどフォント」 ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

6502は永遠に