しばらく続いていた、ICE-MAN for iPhoneの操作デモのタイミング調整が終わりました。

コードの数値を書き直す→実行して確認→コードの数値を書き直す→実行して確認・・・ということを繰り返し根気よくやりました。

思っていた様なタイミングになったので、調整は完了とします。

次は、隠しメッセージの作成です。

あと、実行して確認している時に、不具合な箇所を2つ見つけました。

  • デモ中で、タッチした時にスパイラルアニメでブロックを敷き詰めて画面を覆うが、タッチインターフェースの一部がはみ出て表示しているため、隠れない問題。
  • ゲームシーンで、最後の金塊を取ってからステージクリア表示の間が、ある程度あるため、HELPボタンが途中で表示されてしまう問題。

この2つも、解決していきます。