セミ ゲーム

メガドライブ版「マッドストーカー」が、令和の時代に発売されるというアナウンスを聞き、「まるで、セミのようなゲームだな」と思いました。

自分にとって「マッドストーカー」といえばX68000版で、当時買って遊んだ人間です。

マッドストーカー タイトル画面
マッドストーカー タイトル画面

「ファイナルファイト」と「ジェノサイド」を足して割ったようなゲームと言えば想像がつくでしょうか(かえって混乱してしまうかも)?

サイドビューの横スクロールアクションゲームで、「ロボ」と「格闘」という人気要素を上手くミックスしたゲームだと思います。

マッドストーカー ゲーム画面
マッドストーカー ゲーム画面

飛ぶ、防御する、撃つ、斬る、投げる、蹴る、殴る、と何でもありのアクションが、プレーヤーの心をカニバサミ ワシヅカミ。

このゲーム、X68000版を皮切りにFM TOWNS、PCエンジン、プレイステーションなど、様々なハードに移植されたらしいです(自分は知らなかった)。

そんな中、メガドライブにも移植される予定だったのが、カートリッジのROMが高い為に、日の目を見ないで終わってしまったようです。

昔のゲームは、ハードウエアの制限を色々受けており、その中でどうやりくりして表現するかが、テーマの一つとなっていたと思います。

今回は、容量問題ということで、頓挫したままメガドライブブームは終わり、月日は流れていったということです。

それをこの令和の世に復活させたという姿勢は、感動というか、奇跡を感じます。

私も友人から譲り受けたメガドライブがあるので、「復活させて見ようか」と考え出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

絶妙な色使い

次の記事

ゲームクリア