気になるレプリカ

名機 Commodore64のレプリカ「The C64」が、2019年12月5日に発売されるそうです。

The C64

Commodore64は、YouTubeでデモやゲームの動画を観ていて、「いつかは手に入れたいマシン」でした。

なぜかというと、独特のグラフィックとサウンド、それを活かしたゲームやデモに魅せられていたからです。

お気に入りのデモを2つ紹介します。

これらが8ビットPCで表現されていると思うと、ゾクゾクしませんか!?

因みに幼少の頃、一番始めに欲しかったマシンがCommodore社のVIC-1001だったのも何かの縁でしょうか?

しかし、Commodore64は日本では正規で販売されておらず、あまり普及していなかったせいもあり、情報が少ないのです。

また、昔のマシンのため、eBayなどで入手するためハードルが高く、またかなり昔のマシンなのでメンテナンスが必要だったりします。

そして、無事に稼働品を手に入れても、ディスプレイに表示させる為、それ用のケーブルが必要だし、ディスクドライブなどの外部記憶装置も別に入手しなければなりません。

外国のゲーム機を手に入れて使うのよりも困難ですし、私はその知識や技術がありません。

なので、このレプリカが発売されると知った時は、「私のような人間のために、作られたのでは?」と思う程でした。

単体で完結できる造りで、映像はHDMIで接続できますし、出来はわかりませんがジョイスティックも付いています。

価格も15000円ぐらいで、手が届きやすいです。

60 Hzまたは50 Hzで映像表示が可能ということは、NTSCかPALを選べるという事だし、C64またはVIC 20 BASICを搭載されていて、プログラミングも可能、外部記憶装置はUSBメモリで行えるそうです。

以前このミニ版が発売されて、購入しようかどうか迷ったのですが、サイトで近日フルサイズでキーボードが使用可能なモデルが発売されるとアナウンスがあり、待っていた甲斐がありました。

念のため、発売されたらレビューをチェックして購入したいと思います。

プログラミングはもちろんですが、往年の名作ゲームも楽しむつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください