天野ゲーム博物館 その2

前回からの続きです。

次にプレイしたのは、「ごんべえのあいむそ~り~」です。

アイアム総理大臣の洒落だと思われるタイトル、主人公もどことなく田中角栄さんに似ています。

最近海外のバンドがこのゲームのBGMを演奏されているのをYouTubeで観て、話題になりましたね。

ごんべえのあいむそ~り~
ごんべえのあいむそ~り~

私もプレイしていて、思い出してしまいました。

最初のステージのサングラスを掛けた敵に捕まってしまうと、パンツ一丁でムチを打たれます(笑)。

敵の転がってくる樽は、確実に自分に向かって来るように移動してきます。

プレイ結果ですが、1面もクリアできずにゲームオーバー。

ごんべえのあいむそ~り~ 結果
ごんべえのあいむそ~り~ 結果

1面はクリアできると思っていたので、自分でもびっくり。

先にプレイした源平討魔伝と共に惨敗です。

しかし、またやりたくなってしまう不思議なゲームですね。

次にプレイしたのは、「バブルボブル」。

泣く子も黙るタイトーの看板ゲームタイトルです。

「ちゃっくんぽっぷ」「フェアリーランドストーリー」「バブルボブル」は、キャラクタが可愛らしく、独特のルールによるステージクリア型のゲームで、どのタイトルも当時はよく遊びましたね。

早速プレイしました。

バブルボブル オープニング
バブルボブル オープニング

オープニングからの、BGMとアニメーションが途切れずにゲームに進む流れが良いですね。

始まってすぐに「あれっ?おかしいな」と思いました。

何かと言うと、自分の移動速度が遅く、攻撃の泡が連射できないのです。

少しプレイしていて、靴のアイテムを取って早くなった時に気がつきました。

当時よく遊んでいたX68000版は改造していて、はじめからフルパワーアップした状態にしていて、その感覚が残っていたのです。

アイテムの恩恵を忘れていました。

そんな温室環境で育った私は、19面 32面でゲームオーバー。

バブルボブル リザルト
バブルボブル リザルト

修行不足ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください