wait要素を加える

PICO-8でスネークゲームをつくっています。

カエルの動きは、「落下」「方向決定」「移動」の3つの状態で構成してきました。

それだけだと、移動距離を指定して移動する意味が無く、ずっと壁に当たるまで進むような動きになってしまいます。

また、移動するにしても、途中で止まったりすることで、トリッキーな動きが出来て、ゲーム性を高められることが出来ると思ったからです。

カエルなので移動する動作も、「飛ぶ」→「着地」→「飛ぶ」→「着地」・・・という動作をアニメーションで見せたい。

そんな理由から、ある一定の時間以下の長さで止まる事を実装しようと思いました。

動きの要素に「待つ」を加えます。

  • 移動の区切りに待つ
  • 方向決定で待つ

そうすることで、動きにメリハリが出来ると思います。

まだ、実装途中ですが、↓動画になります。

PICO-8 チャレンジ 第40回

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください