新作ゲーム「イノ4×4=16」のプロトタイプ版を、PICO-8でつくっています。

親イノシシは格子状に動き、うり坊(小イノシシ)はそれに付いて動きます。

↓キャプチャしたGIFアニメ

イノシシ親子の動き

イノシシ親子の動き

ちゃんと、うり坊が付いてきているのが分かると思います。

アルゴリズムを簡単に書くと、

  1. 親イノシシがグリッド上に居るかチェック
  2. グリッド上に居たら、方向キー入力のスキャン
  3. 歩行キーより、親イノシシの状態(この場合だと移動する方向)を決定
  4. 親イノシシの次に付く小イノシシから、先にいるキャラの位置から移動方向を決定
  5. 全ての小イノシシの移動方向を順に決定
  6. すべてのイノシシの位置を移動方向より更新
  7. 1へ戻り繰り返す

ということになります。

因みに、下のステータスですが、チェックのために「親イノシシのX座標とステータス」「一番目の小イノシシのX座標とステータス」を表示しています。

次は、各イノシシのアニメーションを実装します。