今回は、自分がLÖVE(love2d)の開発で使っている、テキストエディタ(ATOM)を紹介します。

「初めての方や、興味がある方は、この記事を参考ししてもらえたら」と思います。

世間では様々なテキストエディタが存在しますが、なぜその中でATOMを選んだのかというと、

  • 初心者の方でも使えるエディタ
  • 実際に開発している方からもオススメされている
  • 様々はプラグインが発表されていて、それらを簡単に導入できる

という理由で、わたしもATOMにしました。

と言っても、ATOMはPICO-8の開発から使用しており、ある程度慣れていました。

でも、LÖVE(love2d)用で使うのは、初めてです。

まずはATOM自体のインストールですね、

専用の↓ページにいきましょう。
https://atom.io

テキストエディタ atom v1.25.1

テキストエディタ atom v1.25.1

そこで、自分の開発環境にあったマシン用のATOMをダウンロード&インストール。

簡単にインストールできました。

次は、ATOMを立ち上げて、そこからプラグインをインストールしていきます。

MacだとCommand + , WindowsだとControl + , を押して、セッティング画面を表示します。

左側にある、+ Installを選び、Search Packagesの窓に「love-atom」と「love-launcher」をそれぞれ入力して、その横の「Packages」ボタンを押すと、目的のパッケージが現れますので、それぞれ「Install」ボタンを押してインストールします。

love-atomインストール時に、↓のような事が聞かれますが、「Yes」を選択します。

ATOM love-atom needs to install dependencies

ATOM love-atom needs to install dependencies

次は、love-launcherです。

love-launcherのインストールしたあと、設定する必要があるので、Settingボタンを押します。

ATOM love-launcher

ATOM love-launcher

そこで、

ATOM love-launcher Setting

ATOM love-launcher Setting

実行前にテキストを保存しておきたいので、「Save On launch」にチェックを入れます。

また、LÖVE PATHのテキストボックスに、LÖVEの実行ファイルの場所を入力する必要があります。

わたしが勘違いしていたのですが、このファイルの場所だと実行しようとAlt + Lを押すと、エラーを起こします。

ATOM love-launcher Error

ATOM love-launcher Error

実は(Macの場合ですが)、love.appの場所(/Applications/love.app)では駄目で、正確には、(/Applications/love.app/Contents/MacOS/love)となります。

以上が、わたしが行ったATOMのインストール&設定完了です。