PICO-8の解像度は、128×128ピクセルの仕様。

ICE-MANのステージは収まりませんので、一部分を表示しています。

主人公バッキーが、移動するとそれに合わせて、画面がスクロールし、常に画面の中央に居るように表示します。

このゲームはパズルゲームで、画面全体を見る必要があります。

この問題を解決するために、考えたアイディアは、

しばらく動かないでいると、ステージ全体を表示する

です。

16×16のキャラクタを8×8のサイズで構成すると、下のように画面に収まるようになります。

メニューモードの画面構成

メニューモードの画面構成

再びゲームに戻ることはもちろん、ステージやり直しや別のステージに変える事も出来るようにしました。

ステージ画面の下に、「RETURN」「RETRY」「SELECT STAGE」と表示して、選べるようにしました(選択している文字に、ハイライト)。

あとは、選択した処理を実装するだけです。