ステージセレクトシーンを実装するにあたって、小さいステージ画像の一覧を表示する必要があります。

どんなレイアウトにしようか、大きさはどのくらいで画面に収まるのか、間隔はどのくらい空けるかなど、視覚的に確認したい為、スプライトエディタを使って確認しました。

asepriteでレイアウト確認

asepriteでレイアウト確認

8分の1に縮小して、3x3で並べられそうです。

1キャラクタ(16x16)を2x2ピクセルで表現しています。

また、ステージ構成の情報は、以前、ゲームボーイアドバンスで作った時に用意したC言語で書いた配列を、Luaのテーブルに直して使います。

そして、PICO-8で表示してみました。

ステージサムネイル画像を表示

ステージサムネイル画像を表示

良い感じです。

次は、メッセージと手のグラフィックを表示させてみます。