PICO-8のネタ(というかLuaの言語仕様)。

C言語のprintfフォーマットのように使えるコマンドが存在するのを知る。

string.formatで、実際には、PRINT(STRING.FORMAT(“○○%○”,○))というように使う。

これで、変数の内容などを表示させるprintfデバッグが可能になる。